CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルートダブル - これで50%を越えた



どの段階まで進んだのか、どのようなルートがあるのか、とある人物の心証はどうであったかと、このジャンルは全てにおいてネタバレであり未プレイの人の興味を削いでしまうから、詳しくは書けないけれど非常に面白い作品です。堂々と書ける内容であるシステムについて少々。

・TIPSの操作性が良くて機能も良好
従来の同系列作品にも同じようなシステムが存在しましたが、次々に新しいワードが追加されていった場合、後から見るときに何が追加されたのか判別し難いシステムでしたが、ルートダブルはソート機能とフィルタが良く出来ている為にとても見易いです。

・自動クイックセーブについて
新たなシーンに入ったときと、センシズ入力の段階で自動でセーブされるので、この手のジャンルでは定番であるポイント毎の手動セーブすら行う必要がない。ゲームを中断してもクイックセーブは100箇所まで残っているから、後日プレイするときも安心です。

・BAD END後に表示されるヒント
ヒントを表示するかの切り替えはオプションで行うのですが、デフォルトではオンになっています。BAD ENDになってしまった場合は、最後の画面でどうやれば先へ進めるかのヒントが表示されるため、詰まることはまず有り得ないはずだ。

・メッセージ既読数やシーン数コンプへの配慮
当該ルートで条件を達成すれば、そのルートのセンシズ入力時に「回答」が表示されるようになるから、クリア後はコンプへ向けての作業がやり易くなります。

続きはネタバレ有りの途中経過での感想など


・以下はネタバレが含まれています

先ずはサリュについてですが、√Afterでの態度を見るからに、12RIVENの悪夢「人を食ったような尊大なガキンチョサイキッカーの再来か」と思ってしまったが、√Beforeをプレイしてみれば全く逆の印象となり、娘にしてみたいと思えるほど良い子でした。何故サリュはラボ内であれだけ逃げ回って睨みつけてきて、あげく斧を振り回して襲い掛かってきたのか、2つのルートをプレイすれば理由がよく分かるし、それこそあ奴は斧で頭を割られても恨み言など一言も口にできないだろう。

√Before にもノーマルエンドが存在すると推察できるが、何故か √Before ではグッドエンドにしか辿り着けないから残り1つのENDは後回しとした。初回の √After プレイでは風見と一緒に行動する機会を多く設けたがノーマルエンドになってしまった為に、2回目は恵那先生と行動を共にするよう心がけ何とかグッドエンドを見ることができたが、ヒロインへの好感度や一緒に行動するか否かは余り関係がないのだろうか。恐らく黄色いセンシズを正確に進めることがキーになっている気がしているが。

グッドエンドと言いつつも、風見が半狂乱状態になってしまったり、洵も相変わらず錯乱していたり、おっさんは狂うのがデフォかといった具合であるし、恵那先生以外は主人公渡瀬も含めて救われない終わり方を迎えたのだが、その辺りは最後の √Current で全ての謎が解けるのだろう。

気になる事がまだまだ残されている訳ですが

・渡瀬について
間違いなくテロの実行犯であるのだが、あのまま終わってしまうと余りにも救いがないので、最後のルートで何かしら判明するのではと考えている。鏡に一瞬映ったり回想に出てくる女性は渡瀬の妹なのかと予想しているが、恐らくその妹が何らかの不幸にあったから、あれだけコミュニケーターを忌み嫌っているのではないだろうか。元彼女として風見の存在があるから、回想の女は妹なのだろう。髪の毛が一束だけ白いことも気がかりであるし、要所でもう一人の主人公 天川夏彦 と同じポーズをとるのも気になるポイントである。

・風見について
彼女は黒いところは無いと思われる。√After の後半で誰かと密かに無線で会話していた場面があったが、あれは「鳥羽ましろ」か「天川夏彦」のテレパシーなのではと推理しているが、その場面以外は風見は完全な善人だと目に映る。ちなみに一番好きな女性キャラは風見なのだ。

・恵那先生
彼女も悪人ではないと予想しているが、気になる所としては、いくらサバイバルゲーム好きとはいえ、女が拾った拳銃でいきなり蝶番だけ精確に撃ち抜くなんて芸当はまず不可能なのではないだろうか。本人は理由が有ると言っていたが、夏彦たちに心を開いていないことも、何故あの日にラボに行っていたかも謎のままであるが、先生に扮した諜報員…というのは余りに突飛な発想か。

・洵
彼女は真面目すぎる故の錯乱なのだろう。

・宇喜多のおっさん
どうやらテロの存在と実行される日を察知していたようだが、黒幕と言うには小物臭が強すぎる。

・悠里
ルートダブルの最重要人物であるだろう。√Before の後半でその存在はアレであると気づけたのだが、そうなると√After の悠里は何なのだろうと謎が深まるばかり。√After では周りの人たちと会話しているし、渡瀬におぶってもらうなど肉体的に接触もしているから、そこに「居る」ことは間違いないのだろうし、さらには死体となったり消えたりと疑問だらけである。

・夏彦とましろとサリュ
この3人はプレイヤーの代わりでもあるだろうし、白黒など無いと思いたい。

・洵が言った「花の香り」
洵と宇喜多は花の香りがしたと言う。渡瀬と恵那先生は知らないと言う。そして洵と宇喜多は錯乱してしまい、花の香りを嗅いだかどうか定かではないが、風見も錯乱してしまった。という事は花の香りに原因があるのだろうか。
  1. 2013/01/23(水) 19:00:31|
  2. [AVG]ルートダブル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。