CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PC版 code_18 プレイ開始

12月21日発売の18禁ゲームはなかなかの粒揃いに見えた訳ですが
昨年発売のコンソールと携帯機版でクソゲーとの評価を得た code_18 PC移植版をプレイするのも乙なものである。

物はトールケースにディスク1枚とシリアルコードが記載された薄い紙切れ1枚という中身で、インストール後の1回目起動時にシリアルコードを入力してWEB認証を済ませれば、その後はディスクレス起動が可能になります。サイバーフロントのゲームはプレイ時にディスク必須といった作品がこれまで多かったため、取り敢えず有り難い機能といえる。

PC版の code_18 は解像度 1024 x 576 となっているんですが、これまで 1024 x 576 のゲームで一度も問題が起きたことはなかったけれど、今回初めてOSに登録されていない解像度でのフルスクリーン起動に支障が出てしまった。具体的には全画面表示にはならずに上下左右に 5cm ほどの黒い帯状態になり、5cmとなると黒い範囲が相当広く感じてしまう。NVIDIAのGPUを使用しているのなら解像度追加は簡単に行えるのですが、Radeon Catalyst だとレジストリィに書き込みか外部ツールを用いる必要がありまして、今回は Powerstrip のお世話になることとなった。ちなみにモニターへの入力 HDMI と DVI の差異、モニター側の設定、Catalyst のGPUスケーリング設定など、その辺りに抜かりはありません。

使用しているOSは Windows 7 64bit ですが、そのまま Powerstrip で設定を行おうとすると「管理者として実行しなければ設定の変更はできません」という一文が表示され、アイコン右クリから管理者として実行を選択して起動をすると、今度はタスクバーの Powerstrip に右クリしてもメニューが表示されないというがんじがらめ状態に陥りそうになったが、アイコンから起動時に互換モード WinXP SP3 を追加したらきちんとメニューが表示されるようになりました。

そんな訳で適正にフルスクリーン起動が可能になったのですが、問題はゲームの中身の方である。今のところ序盤の序盤といった状態だが、取り敢えず感想は一度クリアしてからだね。

  1. 2012/12/22(土) 20:18:07|
  2. [AVG]code_18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。