CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

創刻のアテリアル - OS再インストで試練追加

「創刻のアテリアル」応援中!

前回分で創刻のアテリアルがEドライブにインストールしてあった為に、パーフェクトガイドブック付属のアペンド Ver2.0が導入できなかったという話をしていますが、OSの再インストールがてら、今度はDドライブで試してみるとどうなるのかが知りたくなったので行ってみると、今回は何事もなく Dドライブ に アペンド Ver2.0 と アペンドno2 をインストールすることが出来ました。CとDなら可能なのか、はたまた前回は何かしらの不備があったのか、原因は分かりませんけど ドライブC 以外でもいけるようです。

OSを再インストするのなら誰でも大事なファイルを保存するでしょうけど、途中まで進めていた創刻のアテリアル アペンド Ver2.0のセーブデータだけ保存し忘れるという失態を犯してしまった為に気力が大きくそがれてしまいました。エウシュリーのゲームは AppData フォルダの奥深くにくい込んだ状態でセーブファイルが作成されるので、あそこは結構見落としてしまう場所なのだ。アペンド Ver2.0だけじゃなく、その前に第6章からエンディングまでのプレイで金プテテットなどを集めていたから尚更ダメージが大きいけれど、この程度で挫けはしない。今日から続きを再開する予定です。

アペンド Ver2.0の内容に関してですが、海斗が作ったゲームをプレイしてみるという流れでして、昔懐かしのファミコン 2D RPG風な、3DSや同人、および海外インディーズなら今でも現役だけれど、それらがデフォルメされた粗い2Dテイストの中で創刻のアテリアルキャラたちが登場してくるという内容で、雰囲気としては勇者もの2D RPGでの慣習に茶々いれしながら物語が進行していくような、ちょっとおふざけな作風となっている。

難度的には1周目、または2周目ぐらいの人でも進められるように配慮されているのか、当初はかなり低い難度だと感じていたが、魔人セルヴァという固定エンカウント敵が出てきた辺りでその考えが一蹴された。セルヴァはこれまで本編やアペンドで登場してきた敵の中でも破格の強さを誇っているが、こちらはアペンド Ver2.0ルールの為にかなり弱体化している。具体的には反則カード「セリカ」が使用できないことと、初期手札が1枚増加する世界創造と、最強攻撃技には欠かせなかった蒼焔の楽園持ちのガノエルが居ない状態だからパートナーに指定できないこと。さらには一点超打撃「コツミヤノミコトのパンチ」デッキだが、ガノエルだけではなく「まおーさま」が居ないから使うことさえできない。本編ではクローンモードなどで全キャラを常に使える状態だったが、制限によって難しくなりつつ、一部の敵のみとはいえ戦いの歯ごたえがかなり増している印象である。

●魔人セルヴァの能力
LP:400 攻撃力:18 支配力:3 コスト:7
所持能力1:超再生 ターン開始時にダメージ10回復
所持能力2:荒れ狂う鼓動 敵に攻撃される毎に攻撃力+1する
奥義:転移爆発 Lv9 全ての敵に10ダメージ、悪魔はダメージ半減、天使はダメージ2倍

魔人セルヴァは後回しにするのかと一寸悩んでみたが、やはりここは現在の力のみで突破できるかを模索するほうが面白いと考え、色々と試してみた結果(この段階で仲間になっているのは「勇者しゅうや」「村娘めひーしゃ」「魔法使いさやね」のみ)

・リーダー:しゅうや
・パートナー:さやね
・リーダーカード:メンフィル王妃イリーナ
・他はペルティナ、ヴァラーブルを所持能力とする「沙夜音お嬢様カード」

いわゆる創刻Wikiにおける「沙夜音ロック」を用いてコスト7でLP400の魔人を倒せるのではないかと踏んでみた訳で、試行錯誤するうちに打開策が見えてきた。最初の手札が悪いとリロードする必要があるが、上手く回すと前衛3枚が「C椎名沙夜音 コスト1 ヴァラーブル」、後衛にリーダーカードで遠距離攻撃持ちのイリーナで固定できるようになったが、LP130辺りに追い込んだところでど忘れしていた敵の転移爆発が炸裂し、場が崩れてそのまま敗北してしまった。

「武道家あとり」は仲間にできる段階になっていたので、あとりの「仲間の捨て札を上から30枚山札に戻す」奥義と、リーダーのLPを回復するアイテムで乗り切れるのではと戦略を練っているところで件のOS再インストミスが起きてしまった。

そんな訳で、アペンド Ver2.0は作風としておちゃらけムードな節があるけれど、望んでいた手ごわい詰め将棋風の戦いができる場でもあり、創刻のアテリアルの戦闘で楽しめた人にはさらなる良い遊び場が追加されたという印象です。

  1. 2012/11/18(日) 10:45:36|
  2. [SLG18禁]創刻のアテリアル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。