CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

G-SYNCネタ

・2014年は4Kよりも“G-Sync”液晶が欲しいPCゲーマーが多いはず

おちゃらけているようだが重要な事を端的にまとめてある良い記事。ポイントとなるのはNVIDIAが提供するG-SYNCモジュールのみでもモニターとして成立するので、コストがそれほど上がらないという点だろうか。実際に使ってみないと何ともいえないが、垂直同期が強制オンで「マウスもっさり」の古いゲームでさえ、ドライバ側からG-SYNCで垂直同期を乗っ取って制御してやれば、マウスカーソルのもたつき(遅延)を消滅させられる可能性を秘めているから、今後発売される最新ゲームでなくても古い作品でさえその力を発揮できそうな潜在能力があるのかもしれない。

さらにはティアリングも無くなり、垂直同期有効時におけるカクつきも無くなり、ここまでくると正に万能の器であるかのようだが、真の性能は物が出てからじゃないと分からない。



PCゲーマーとして、さらにはPC自作マニアとしての所感であるが、2014年はここ10年内には見られなかった革新的な年になりそうだ。CPUはAMDのAPUが若干パワーアップかという程度の見所しかないが、GPUでは最近話題にしているAMDの「Mantle」、NVIDIAは久々の最新型GPU「Maxwell」の投入と上述のG-SYNCのこともあるし、来年の2月から新型コンソールが日本でも発売になる。

全てが出揃ってからの対決が今から楽しみなのだが、車で喩えてみると、AMDは「エンジン、マフラー、エアロパーツ」の強化で、NVIDIAは「サスペンション、タイヤ、ハンドル」といったところの強化になるだろう。AMDはコンソール機寄りで、NVIDIAはSteamOSとの結び付きが強く見えるが、数年後の情勢がどうなっているかわくわくします。

  1. 2013/12/26(木) 00:47:19|
  2. [色々]ゲーム全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。