CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔法少女リィ-淫魔の試練場- の体験版が公開される

魔法少女リィ-淫魔の試練場- のページへ
(2013年9月27日発売)

当初の発売日は2013年9月13日だった Lunasoft の「魔法少女リィ」ですが2週間ほど延期になり、9月27日発売になっています。同様にもう一つの Lunasoft の作品「蒼穹のクレイドル-人形学園調教記-」も当初の8月16日から10月25日に延期されているのですが、魔法少女リィの方が先に発売されることになる。

Lunasoft の前身となる「すたじおおぐま」時代の作品には触れたことがないのだが、これまでにリリースされている Lunasoft 製の2本は物足りなさが随所に見られたので、今回はどのような出来になっているのか、体験版を早速ダウンロードして1時間ほどプレイしてみました。

今回の魔法少女リィは前2作よりもストーリー性が感じられ、物語にスムーズに溶け込める作りになっているのだが、前2作は物語が有るには有ったのですが、さながらダイジェスト版のように継ぎ接ぎされたストーリーとえっちシーンを見せられている気分だった。Lunasoft のゲームはどちらかと言うとやり込み重視の作風ですので、ストーリーが良い物でなくてもさほど問題にはならないジャンルだと思えるが、自然な流れでゲームに馴染めていけるシステムとして、前2作よりも上手く作られている。

そして今作は3DダンジョンRPGというジャンルであり、やり込みゲームとしての作りがとても重要になってくる訳ですが、戦闘はシンプルながらキャラクターの育成でなかなか楽しめそうだと感じた。レベルアップをすると StatusPoint 3 が得られ、そのポイントを STR、INT、VIT、MND(精神力)、DEX、AGI、などにプレイヤーが任意でつぎ込むことが可能なシステムであるから、Hack and Slash の育成そのままである姿はかなりそそられるモノがあります。魔法は宝石を武器にはめ込むことによって使用可能になり、スキルなどは物語の一環として習得するシステムのようである。主人公の少女リィはスペルキャスターのように見えるだろうけれど、このゲームシステムなら肉弾タイプにすることも可能なのではないだろうか。

武具やアイテム類も豊富に存在しているでしょうし、アイテム強化もできて使い魔を使役することも重要なようで、価格が2000円というロープライス品にしてはかなりお買い得感があると共に、Lunasoft の作品では今回が最も楽しめそうな匂いがしている。

少しだけ気になった箇所としては、移動がカーソルキーにしか対応していないようで、私のように「WASDじゃないとPCゲームができない病」の人はプレイ前に一考を要するだろう。もう一つは些細なことかもしれないが、戦闘後の入手アイテムやゴールドを確認する画面が右クリックで抜けられないことぐらいだろうか。

・ダンジョンの移動はとても滑らか
・昨今の生易しいゲームに有り勝ちな「いきなり自動回復」なんてしない本作であり、骨太系に感じられます
・装備箇所は、武器、ローブ、手袋、靴、指輪、護符、使い魔、衣装、となっていて、アイテム集めが面白そう
・難易度に関してですが、初回プレイは強制的に Normal になるが、二周目以降から高難易度モードが開放されるようです
・プレイ実績がありまして、その手のやり込み好きに歓迎されるだろう
・ゲームパッドに未対応(パッドに向いているジャンルでありシステムだから残念)

発売日はちょうど一週間後ですけれど、楽しみに待ちましょう。

  1. 2013/09/21(土) 04:04:04|
  2. [RPG18禁]魔法少女リィ-淫魔の試練場-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。