CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

惹かれるゲームを幾つか no.2

●海外のゲーム

・Divinity: Original Sin
PC用のシリーズものであったRPGがコンソール機とマルチプラットフォーム化されていった代償として、「非常にテンポが悪いドラマ仕立てのなんちゃって育成ゲーム」のような物が世に溢れるようになってしまったが、初代作 Divine Divinity に原点回帰という意味合いがある次回作の Divinity: Original Sin は、久々に情報を仕入れた瞬間に「欲しい」と思わせてくれた一品だ。

Divinity: Original Sin はPCとMACでリリースされるようなので、「操作はパッドに最適化されているのではないか」「内容は家庭用向けに無難に仕上げられているのではないか」というような下らぬ心配をしなくてもいいのが有り難い。PCとMACは俯瞰視点型のRPGやStrategyと最も相性が良いマウスとキーボードが入力デバイスであるし、Divinity: Original Sin は俯瞰視点型の Turn-base RPG なのだから。

同社Larian Studiosがリリースした一つ前の Divinity: Ego Draconis は、下らぬ柵に辟易した為に完全スルーしたが、Divinityシリーズの原点である Divine Divinity は非常に味わい深いRPGであった。出したら終わり、全てが終わるデススコーピン様とか、最終エリアの投げっ放し感が残念であったとか、幾つか気になるポイントはあったものの、昨今の海外産ドラマ仕立てゲームばかりを拝まされていると、Divine Divinity でさえ名作に近い良作だったのだと改めて再認識する今日この頃。

Divinity: Original SinはUltimaシリーズの中でも最も評価が高い Ultima 7 に感化されていることと、公式のムービーを見るからに Ultima 7 の親類である Ultima Online のような家の内装も可能であること。そして、戦闘システムは Turn-base RPG の雄である Baldur's Gate や Drakensang のようなフィーリングを得られそうでもある。内装に関しては初代作 Divine Divinity でも可能だったので、正に原点回帰といったところか。

発売時期は2013年内らしい。


・Baldur's Gate: Enhanced Edition(及びそれに続く二作目のリメイクも含め)
海外産RPGで往年の名作と言えば真っ先に思い浮かぶ Baldur's Gateシリーズであるが、初代のリメイク版の発売日が今年の夏に迫っている。初代リメイク版の売れ行き次第で二作目のリメイクと、さらには幻想でしかないと思われていた第三弾 Baldur's Gate 3 の可能性も高まってくるようで、是非とも売上に協力してその先が見たくなる作品である。

初代リメイク版は拡張の Tales of the Sword Coast が勿論含まれているようだが、私は初代作は骨の髄まで堪能した作品であるから、途中で放棄してしまった Baldur's Gate 2 のリメイク版が待ち遠しくて仕方がない。

発売時期は2012年の夏で、リメイク版であるから低価格で販売されそうだ。

  1. 2012/06/03(日) 17:33:07|
  2. [色々]ゲーム全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。