CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイナソア リザレクション - TOWNS版以来の再プレイ(一気に裏シナリオをクリア)

まだ10代だった頃、我が家にやってきたTOWNS用にと初めて購入したゲームが ダイナソア と Wizardry BCF でした。最初に手をつけたのがダイナソアで、当時は裏シナリオの存在を知らなかった為に表を一度クリアしただけで満足してプレイを終えてしまったのだが、数日前にふと手持ちのファルコム作品群に目が留まり、約二十年ぶりの再戦をすることになった。

TOWNS版のときは方眼紙に全ての階層の精密なマッピングを行い、攻略本や雑誌などを見ないで個人の力のみで進んだので、毎日みっちりプレイしてもクリアまでに3週間ほど掛かった覚えがあります。いくら期間が空いているとは言っても二度目のプレイであるし、今回はけっこう早く最後まで行けたのですが、後半の風の塔やダリウスの塔関連で見事に苦戦してしまった。

リメイク版のダイナソアは大幅にアレンジされたBGMの出来が酷いと有名なネタになっているけれど、中には良いものもあるけど大半はこの物語に似つかわしくない仕上がりだと感じる訳ですが、大雑把な見方では前半が酷くて後半になると良いアレンジが幾つかありまして、特にフォルナの塔と風の塔はかなり聞けるBGMとなっている。とは言ってもダイナソアのメインウエポンは「心に沁みるFM音源での狂気を体現したBGM」であるから、その武器をもがれた状態では魅力が半減していると言わざるを得ない。

二度目のプレイでもあるから今回は「Joy ToKey先生の引率」の元でのプレイだったので、レベル上げと技能上げが素晴らしく捗ったんですが、そのまま進んでしまうと現在のゲームとは比較すらできないほどの戦闘難度を誇る作品であるだろう。

裏シナリオをプレイするにあたり、やるからにはダイナソア リザレクションの目玉とも言える「3つめの結末」を見てみようかと考えていたが、プレイ途中で調べてみると既に時遅し状態になっていた為に裏シナリオの普通のエンディングを迎えてしまった。裏シナリオの登場人物ではルオンの嫌味と皮肉が特に輝いていて、私としては表よりも裏の方が人物の会話は楽しく感じた。

ダイナソア リザレクション以外では英雄伝説 空の軌跡コンプリートセットやザナドゥネクストなどのファルコムゲームを持っているのだが、7年から8年ほど前になるのだろうか、ダウンロード販売が主流になる前にどこぞのショップが半年に一度のペースで999円(だったと思う)セールをしていた時期があって、そのときに色々と購入した訳ですが、他のゲームも近いうちに崩していこうかと考えている。

  1. 2013/08/09(金) 01:48:22|
  2. [色々]ゲーム全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。