CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マインドハッカー-お前の心は俺のモノ- 体験版をプレイ

マインドハッカー-お前の心は俺のモノ- 公式サイト
LunaSoft official web site

2日前に体験版が公開されたので早速プレイしてみた。とは言っても別段に取り上げるようなポイントが無いゲームでして、無難にまとめてある国産ローグライク作品という印象が強い。同人からの新興ソフトハウスにして、物は低価格帯のゲームになるのだが、手堅い作りでありつつ幾つか気になる箇所があった。

体験版は攻略キャラ4人の中の1人 伊藤由香里 の精神世界 20F までプレイ可能で、地下何階まであるのかは現在のところ不明である。体験版の20Fまでは1~2時間程度で到達できたことと、学校パートで選択可能なエッチシーンが3つであることから、1人につき60Fから80F程度はあるものと予想できる。(最初のエッチシーンが20F到達で始まるから)

操作形態が国産ゲームにしては珍しい作りで、移動は WASD で行い、キャラの方向指定と攻撃はマウスカーソルで、攻撃は八方に可能なタイプであるが、WASDは移動専用で攻撃兼にはなっていない。海外産のPCゲームに常日頃から触れている人ならWASD移動は非常に有り難い作りだと思えるが、コンソール機のゲームやエロゲーしかプレイしてこなかった人は、「WASD移動」に馴染みがないから戸惑うのではないだろうか。キーやクリックレスポンスは良好であるが、何らかの行動を起こす度に表示されるウインドウが出たときに、ゲームが一瞬停止するような挙動を示すところが若干ながら気になった。

ゲームは大まかに、行動を決めると何らかの特性が付与される学校パート、アイテムの合成や整理にジェムの交換などが行える拠点パート、そしてダンジョンパートの3つから成り立っている。体験版は浅い階層だからかシンプルな構造ばかりであり、タイプとしては仕掛けの類は一切なくてクリーチャーとトラップを捌いていくゲームだと感じられた。

アイテム表示欄が10個までとなっていて、膨大なアイテムを扱うゲームだからマウスローラーを駆使する羽目になりそうなところも気になったポイントだが、低価格ゲームだからと割り切ってプレイすればなかなか楽しめそうな作品であるだろう。

発売日は3週間ほど先だが、取り敢えず購入確定だ。

他にも気になったポイント

・コンフィグは音量調節のみ
・体験版のみの仕様であるのか不明だが、フルスクリーンにできない



直近でプレイしていたローグライクは海外のインディーズ作品 Dungeons of Dredmor になるが、本作と直接比較するのは無粋であるけれど、Dungeons of Dredmor はやはり良く出来てる。バック形式のアイテム管理は便利であるし、スキル制を取り入れたところもミソであるだろう。

  1. 2012/06/24(日) 21:16:15|
  2. [RPG18禁]マインドハッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。