CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

進歩と退行


画質を上げてフルスクリーンで見た方が分かりやすい

MIGHT & MAGIC X LEGACY Official Site

PAX East 2013 で公開された Might & Magic X Legacy の直撮り映像のようですけれど、Might and Magic シリーズは 1~5 の前期型と、6~9 の後期型と大きく2つに分けられるのだが、Limbic Entertaiment による10作目は、4方向へのみ1歩ずつ移動を行う前期型のシステムが取り入れられているようで、前期型という事はリアルタイム要素は一切無い完全なターンベースシステムになる。

優等生タイプとなる前期型を好む人も沢山いるのだろうけど、私はどちらかと言うと後期型の躍動感があってちょっとお馬鹿でありながら、泣きのメロディーと米国空軍の気分が味わえるあの不均等な作風が好きだった訳ですが、10作目はグラフィックの質が大きく向上しつつも中身は前期型と把握するのが正しそうだ。

となるとデフォルト「Enter」による停止が無いシステムになりそうだが、停止したときの効果音を聞くだけで「Might and Magic の世界に帰ってきたのだ」と郷愁にふける事が出来なくなるのだろうけど、可能ならば Wizard Eye の「アッハー」だけは残しておいてくれないか。




こちらも画質を上げてフルスクリーンで見ると分かりやすいです

Age of Wonders 3 - Official Site

こちらはGDC 2013で公開された映像のようですが、StrategyとRPGの融合品が好きな人にはまさに垂涎ものといった雰囲気を醸しだしているだろう。Age of Wonders シリーズは未プレイなのだが、ここ数年内の Strategy 及び Strategy-RPG の良い所を統合したかのような印象を受けたわけで、マップでの戦略モードは CIV5 のような絵柄で、Spell Book を開けば 新生King's Bountyで、戦闘シーンは Fallen Enchantress、Disciples、King's Bounty、Might and Magic Heroes VI などよりも奇麗で魅力的に感じる。

Strategy だから基本的に映像描写の質よりも中身が重要になるのだが、奇麗になって損をする事はない。

  1. 2013/03/31(日) 00:36:35|
  2. [RPG]Might & Magic X - Legacy
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。