CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STEINS;GATE - 良すぎる故の喪失感

・以下はネタバレ無しの雑感です

初版の発売から3年、PC廉価版を購入してから1年寝かせていた STEINS;GATE でしたが、物語が動き始めてからは一気に最後まで読み進めた。AVGは物語の出来映えで高揚する度合いが高ければ高いほど優れた作品であると認識していますが、良作から名作への境界線を越えてくる作品とめぐり合える事は極めて稀である。

私がプレイした中でここ1~2年内では、「うたわれるもの(PS2版)」、「Ever17」、そして「STEINS;GATE」

これらに共通することですが、素晴らしかったからこそ全てが終わったときの喪失感に寂しさを覚えるのだ。それだけ良い作品だったという証明でもあるのだけれど、これでまた一つ名作を終えてしまったという空虚な気持ちは、正に「のび太君の栗まんじゅう」そのものだったのだろう。

STEINS;GATEはタイムトラベルを題材にしている作品であり、伏線と仕掛けとそれらの回収というAVGでは馴染みの要素が一級品であるのだが、それらよりもさらに、AVGとしての作品の構成、及び起承転結の組み方など、一般的に求められる基礎となる部分が非常に優れていると感じた。だからこそこれだけの評価を得ている訳でしょうし、ギミックだけに依存していない真の秀作である。

作品の性質上、どこら辺が良かったのか、どこで熱くなれたのか、などのちょっとした感想はネタバレ有りとして続きに書きます。シナリオは文句無しの出来だった訳ですが、システム面での不具合なども幾つかそちらに。

...続きを読む
  1. 2012/08/27(月) 07:37:41|
  2. [AVG]STEINS;GATE

やっとSTEINS;GATEに着手 - 栗まんじゅうを食す時期

STEINS;GATEは1年ほど前にPC版の「STEINS;GATE Nitro The Best! Vol.5」を購入していたのだが、もちろん名作であることは既知であるから勿体無くてのび太君の栗まんじゅうと化していた。他作品をプレイする兼ね合いもあって8月に入ってからプレイし始めたんですが、世間での評判は過大評価などではなく、本当に素晴らしい作品だと感じている。

今のところ「1回目(鈴羽)」を終えたところだが、起承転結の組み立てが過去最高かと思えるほど気持ちを揺さぶられた結果となり、プレイ前の「時間を題材にした頭でっかちな作品」なのか、という先入観を見事に打ち砕いてくれました。作品の性質上、余り詳しく書けないところがむず痒くもあるのですが、100%終えるまでこのまま突き進んでみよう。

  1. 2012/08/23(木) 01:26:59|
  2. [AVG]STEINS;GATE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。