CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅蓮華 - そんなこんなで達成率100%

『紅蓮華』応援中!

全クリアしたのは1ヶ月ほど前になるが、紅蓮華の感想です。



・以下はネタバレではないけどシステムの特性に関する話題に触れています。

システムにフローチャートを採用している本作ですが、一目で進捗状況と物語の構造を把握できるので、再プレイが非常にやり易かったです。ストレスを感じるシステムとして有り勝ちなのが、無意味な選択肢が多くて、再プレイは毎回シナリオの頭からで未読部分がどこなのか判然とせず、こういうタイプのAVGは結構な数をプレイしてきたけれど、それらとは正反対の優れたシステムである紅蓮華でしょう。

ヒロインの攻略順序は様々だと思われますが、私の場合は

1. 久那崎理奈(短)
2. 永月文香(中-)
3. エウスリーゼ(長)
4. 三田春名(短)(解釈次第では中)
5. アリーセ(短+)
6. 相原沙織(中+)
7. 飯塚香夏子(短)
8. 八重(短)
9. くおん(中)

最後のくおんは意図的にそこへ持ってきたのだが、それ以外は流れに身を任せた結果の順序です。括弧内はフローチャートのブロック数ではなく、体感的にどのくらいの尺に感じたかの目安になり、エウスリーゼルートが最も長いシナリオで、メインヒロインのくおんルートは割りと短いシナリオといった印象です。くおんの場合はメインヒロインという理由から、共通ルートもくおんルートと捉えても間違いではないだろうから、そういう意味では妥当な尺とも感じ取れる。

発売前のメーカー告知では「くおんルート」を最後にするのが良いという見解でしたが、100%プレイしてみた私見としては、やっぱりくおんルートを最後に持ってくる方が物語の収まりが良いと感じました。内容的に「くおんルート」よりも濃密で尺も長いエウスリーゼルートも、後回しにしたほうがラストが盛り上がることでしょう。

とても丁寧なテキストには好感が持てたことと、こだわりの逸品となっているバイノーラルという立体音響を用いた環境音や他SEなども丁寧に作られていたことと、敢えて控えめを心がけているBGMとのバランスも良好だと感じた。なかなかの長編でありながら誤字や脱字が殆ど見られなかったことも丁寧だと感じた要因であるが、未だに修正パッチが出ていないことからも、その安定性が窺えるのではないだろうか。

当たり障りがない範囲での物語の印象ですが、正確なジャンルはバトル有りの純愛伝奇AVGである本作。登場する女性キャラクターら全ては愛すべき存在であり、その一部は物語の過程で敵対することもあるのだけれど、愛すべき存在であるから憎しみや怒りなどが生まれることがないので、緊張感とは余り縁がない作品だと感じた。とは言っても重きが置かれているのは恋愛要素のほうであるから、この形が正当であるのだろう。

登場人物らの性格に生い立ちや、作中で張られていく伏線の性質などをプレイしながら熟考していくうちに、物語がどのように収束していくのか大体読めてしまうのでトリック系AVGのような驚きは無いのだけれど、爽やかな気持ちになれる物語でした。

以下の続きにはネタバレが含まれているので、紅蓮華をプレイ済みの人のみ押してください。

...続きを読む
  1. 2012/08/23(木) 00:47:53|
  2. [AVG18禁]紅蓮華

紅蓮華 - 2/3ほど終える

『紅蓮華』応援中!

・以下はネタバレではないけどシステムの特性に関する話題に触れています。

久那崎理奈ルートの次は永月文香ルートになり、3つめとなるエウスリーゼルートも終えた。メインヒロインは4人となっているが、エウスリーゼとくおん(未プレイだが)ルートは長く、文香と沙織が中間で、5人のサブヒロインは短めのシナリオになっているのだろう。エウスリーゼルートはなかなかのボリュームでした。

エスクードの作品は今回が初プレイなんですが、全体的にとても丁寧な作りと感じている。AVGの要となるテキストはとても品があり、よく有り勝ちな日常会話ではまず使わない単語や言い回しを並べるようなものとは真逆になる読み易いテキストは非常に好感がもてます。

残りルートは恐らく「長いのが1つ、中が1つ、短いのが4つ」となるはずだが、サブヒロインを2人→沙織→サブヒロインを2人→最後にくおんルート、この順でプレイしてみよう。

  1. 2012/07/10(火) 22:16:56|
  2. [AVG18禁]紅蓮華

紅蓮華 - 最初は久那崎理奈END

『紅蓮華』応援中!

・以下はネタバレではないけどシステムの特性に関する話題に触れています。

パッケージ裏に記載があるんですが、4人のメインヒロイン以外のサブヒロイン 5人 にも「IF」扱いになるエンディングが有り、理奈ENDは数々の謎を残したまま「物語は続いて行く」となった。紅蓮華にはフローチャートというシステムがあるので、周回プレイではない分岐前からの再プレイが非常にやり易いゲームである。初回プレイでは寄り道せずにストレートに久那崎理奈ENDに至り、その状態でのフローチャート達成率は19%ほどで、達成ブロック数は39/198であった。

ざっとプレイしてみたところ、選択肢によるエンディングへの兆しが見え難いシステムであるから、どのような展開になるのか読めない「私的に楽しめる」システムとなっている。そんな訳で、続けてプレイしていきましょう。



久那崎理奈を演じる声優は鶴屋春人さんというお方で、数年ほど前から18禁ゲームの声優として活動され始めたようですが、声の通りが良くて滑舌も良いし、もちろん演技も良好であり、今後はさらに出演本数が増えていくのではないだろうか。今春発売になった戯画のマテリアルブレイブにも出演されていた鶴屋春人さんですが、マテブレでは久那崎理奈とは性格が正反対の生枝さんを演じられていて、理奈と生枝の対照的な演技で楽しませてもらいました。

  1. 2012/07/01(日) 21:13:52|
  2. [AVG18禁]紅蓮華

そろそろ紅蓮華が届く頃合い

『紅蓮華』応援中!

近場の配達店が預かっているようなので、遅くても明日の午前中には届きそうだ。購入したショップは、特典が豪華故に既に慣例となりつつあるソフマップで購入したのだが、抱き枕カバー用の長い枕は持っていないからこの機会に購入してみるか。当たり前のようにえろい柄の枕カバーだけれど、横に長い方が首にかかる負担が減りそうでもある。

仕入れた情報によると早くプレイしても数十時間(大雑把な数値だが)くらいで、じっくり遊ぶのならそれ以上は遊べるだろうから、腰を据えて全ルートプレイを目指して遊んでみるつもりです。いずれにせよ、シナリオで楽しむボイス有りのAVGで、「急ぐ」などというプレイスタイルは私的に有り得ないけれど。

  1. 2012/06/28(木) 17:47:04|
  2. [AVG18禁]紅蓮華

惹かれるゲームを幾つか

●国産18禁ゲーム

『紅蓮華』応援中!

国産18禁ゲームはひと月に発売される本数が非常に多いため、取捨選択が悩ましくもあり楽しくもあるのだが、体験版を色々とプレイしてみた結果、今月は紅蓮華を購入することにした。私は1997年頃から2009年頃までの18禁ゲームの実情や家庭用ゲームなどとは無縁であった為に、18禁ゲームのプレイ本数はそれほど多くないからエスクードの作品は初プレイになる。

紅蓮華はシナリオがシリアス系でかなり楽しめそうなことと、分岐が多いようだから結構長く遊べそうで、購買意欲が増した最大の理由は主役の声優がりのさんであるから。独自のシステムとして フローチャート がありまして、分岐潰しの手軽さや、物語の構造を容易に把握できるなど、優れたシステムであるだろう。

発売日は2012年6月29日だから、あと1ヶ月弱。

  1. 2012/06/03(日) 17:32:58|
  2. [AVG18禁]紅蓮華
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。