CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

VenusBlood-GAIA さて、やりましょう



修正パッチが1.03まで出ている VenusBlood-GAIA であるが、諸事情からゲームなどやっていられない状態だった為に殆ど進んでいない。具体的には2章に入った辺りで止まったままになっているのだが、今日からまた再開してみよう。

序盤をプレイした印象ですが、各ユニットのスキルが多彩かつ多量に存在し、相性などもあるから師団の構成で頭を悩ませてばかりいた。このゲームは最適解を導き出すのが難しくもあり楽しくもある、そんな作品だと感じられるのだが、既に2章あたりから戦闘が厳しくなり始めているから気が抜けない。

まだまだ分からない事だらけだが、少なくとも1周目は全ての情報を遮断して自分の力のみで楽しんでみましょう。

  1. 2013/12/14(土) 22:06:38|
  2. [SLG18禁]VenusBlood-GAIA-

VenusBlood-GAIA- 修正パッチ1.01



修正パッチがリリースされたので忘れずに当てておきたい。昨日チュートリアルを終えてから少しだけ進めてみたのだが、VenusBlood シリーズが初の人はチュートリアルを絶対にプレイしたほうがいいだろう。初見ではかなり複雑なシステムに感じられるのですが、チュートリアルでルールを理解したとしても、兵の投入規模や建築物の加減については分からないだろうから、そこはプレイを続けて慣れていくしかない。

本作は VenusBlood Frontier だけではなく、今春発売になった作品でナインテイルで最も売れたらしいGEARS of DRAGOONの初動売上をも上回っているようで、良いものが沢山売れることはユーザーとしても嬉しいかぎり。それはそうと、エロゲーもDL販売が主流となる海外PCゲームと同じく正確な売上本数が見え難いジャンルなのだが、GEARS of DRAGOON 発売時にナインテイルスタッフさんが VBF とギアドラの大まかな売上本数を公表してくれたので、そこから他社製品の売上本数が推量できるだろう。詳細な数値の記述はここでは控えるが、同業社となるアリスソフトやエウシュリーのゲームはけっこうな数が売れていることになるし、シナリオやエロ方面で人気が高い他メーカーの作品も同様であるだろう。

  1. 2013/11/30(土) 10:35:44|
  2. [SLG18禁]VenusBlood-GAIA-

VenusBlood-GAIA- プレイ開始



本日届いてインストールが済んだところですが、プレイ開始時のモードセレクトと難易度セレクトの柔軟さと尖がり具合において、恐らくこのメーカーが世界最高なのではと思えるほど挑戦好きなユーザーの心情を汲んでいるだろう。「世界最高」というある意味「禁句」を今回用いてみたが、大げさな表現ではなく本当に優れたやり込み挑戦ゲームを作ってくれるメーカーだ。

今作の難易度は5段階あって、最初は低い方からの3種類しか選択できない(初期設定はノーマル)

・イージー < ノーマル < ハード < ベリーハード < ディスペア(絶望)

ベリーハードとディスペアはクリア後にアンロックされていくのでしょうけど、今回も最高難易度を何としてもクリアしてみたい熱意が既に湧き上がってきている。取り敢えず初回はノーマルを選択して、次はベリーハード、そして可能ならディスペアと進んでみたいが、何分にも VenusBlood シリーズが初の私であるから、当分はシステムに慣れるための訓練期間となりそうです。

  1. 2013/11/29(金) 16:58:03|
  2. [SLG18禁]VenusBlood-GAIA-

VenusBlood-GAIA- 最近はタペストリーがお気に入り



特典選びは最終的にグッドウィルに落ち着いたが、ナインテイルスタッフによると「とらのあなのドラマCD」が凄いとのことで、桃也みなみ好きとしては興味をそそられたけれど「鼻フック」情報を聞いてパスしてしまった。痛そうなのは苦手なのだ。

特典ありだと1万円近い価格の本作であるが、中途半端なゲームに数千円を費やして「見て終わり触って終わり何時かプレイすると誓って終わり」なんて愚行を繰り返すより、数倍以上有意義な時間を過ごせることだろう。今回もギアドラと同じく、いける所までやり込んでみたいものだ。

  1. 2013/11/12(火) 00:21:35|
  2. [SLG18禁]VenusBlood-GAIA-

VenusBlood-GAIA- 体験版はスルー



1ヵ月後の11月29日に発売予定の本作ですが、長く楽しめるやり込みゲームとしての視点に限定するならば、ナインテイルとエウシュリーのゲームは体験版で出来栄えを確かめる必要すら無いという見解です。物によっては多少の当たり外れがあるだろうけれど、両社ともにみっちりプレイしてもコンプまで1ヶ月ほど楽しめる作品が目白押しだ。

Venus Blood シリーズは一度も手を出したことがないので期待に胸をふくらませているのだが、それよりも最初の問題はどこで購入するかになるだろう。トモエタペストリーがなかなか良さそうだから今回はグッドウィルにしてみようかなと思いつつも、実用的ではないマウスパッドとはいえキャルミラ特典のDMMも捨てがたい。

  1. 2013/10/29(火) 17:32:18|
  2. [SLG18禁]VenusBlood-GAIA-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。