CRPGまにまに

18禁PCゲームをメインに扱うアダルトブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

虚ノ少女 - アンケートハガキで未散コースターが貰える

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

期間は2013年2月8日~2014年2月8日とかなり余裕があるようですが、アンケートハガキを送れば必ず貰えるようだから有り難い。それにしても、「未散」という字の意味合いが気になってしまうのだけれど、現実にこの字を用いた名前の人もいらっしゃるようだ。

虚ノ少女はいつか第一部の殻ノ少女を終えたときにでも、もう一度通しで最後までプレイしてみよう。

  1. 2013/03/08(金) 15:48:06|
  2. [AVG18禁]虚ノ少女

虚ノ少女 - 自力は至福(フルコンプリート)

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

・以下にネタバレはありませんが、特徴などを述べています

公式Blogで用いられているワードだからそのまま表現しますが、自力でトゥルーエンドに辿り着くことができました。とある部分でどうしても躓いてしまっていたが、もう一度最初から主人公である時坂玲人の行動を見直してみて、その通り進んだら道が開けた訳ですが、よく考えて地道にプレイすれば何とかなるでしょう。

虚ノ少女はとても落ち着いた作品で気品のある趣なのですが、シナリオ重視のAVGでは最も重要な物語はしっかりしていますし、CGはとても美しくて音楽は哀愁漂う物語に合っていて、声優陣の演技も素晴らしかったですし、とても優雅で洗練されたミステリAVGであるだろう。気品とか優雅とかそういった意味での視点ですと、18禁と一般も含め、従来作の中では今回の虚ノ少女が私の中では一番良いものだと感じています。

ミステリAVGと言えば、エンターテイメント色が強いものと仕掛け重視の工夫を凝らしたものに大きく分けられるのですが、本作はそのちょうど中間に位置する作風だと感じたわけで、演出も優れているがユーザーに考察させる余地を多分に残しているバランスであるだろう。あまりにもやり過ぎるとユーザーがついてこられなくなる恐れがあるので、これくらいが良い塩梅なのではないだろうか。

本作はいわゆる「18禁美少女ゲーム」に該当しますけれど、美少女ゲームと言えば男性向けであることが常識とされているが、本作の場合は主人公を含めたメインを張る3人の男性キャラが格好良くて声も素敵であることと、えっちシーンはシナリオの表現として必要なものだけが存在していて、その内容は基本的に女性を労わる傾向にありますから、言ってみれば「刺激が強い逆乙女ゲーム」という側面を持ち合わせています。とても適当な個人的概算になりますけれど、「美少女ゲーム風味が6~7割、女性向け風味が3~4割」と感じられたほどなので、そういう意味では以前にも述べましたが女性でも楽しめる作品であるでしょう。

本作はリンクバナーの表記にあるように「殻ノ少女三部作第二部」となっていて、私は前作をプレイせずに第二部である虚ノ少女に挑んだのですが、「できれば」ではなくて「絶対に」とまでは言わないけれど、是非とも前作をプレイしてから虚ノ少女に手をつけるのが理想かなと思えました。その理由をここで述べることはできませんが、その方が確実に感情移入度が増すことでしょう。とは言っても前作を未プレイでも楽しめた人間がここに居ますし、虚ノ少女の作中で前作へのフォローも完備されているので、そのまま第二部からプレイするのも有りだと思います。

ネタバレ無しだと書ける事はこれくらいに限定されそうですが、個人的に良かったのは「妹三段構え」であったことで、私は幼少期に母親に対して「どうして妹がいないの?」と尋ねたことがあるほど妹が欲しい願望が強かったので、そういう味わい方もできる虚ノ少女は違った意味で魅力がありました。実際に妹がいる人はそんな事を考えたりしないのだろうけど、私と同じように妹がいないけど妹が欲しいと思っていた人は楽しめるのではないだろうか。3人ともそれぞれ良さがありましたが、私は過去篇の雛神花恋が良かったです。

そんな訳で全て味わいつくしましたけど、いつもは「続き」にネタバレ有りの感想を書いたりしていますが、発売されて間もない作品だから見送ることにします。興味がある人は是非購入してプレイしてみてください。数年先には第三部の完結編がリリースされることでしょうけど、それまでに Innocent Grey の作品3本+ファンディスク1本入りのパラノイアをプレイしてみたい。この中に前作である殻ノ少女が入っているから。

  1. 2013/03/04(月) 18:41:19|
  2. [AVG18禁]虚ノ少女

虚ノ少女 - 正答を求め

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

本作のようなアドベンチャーゲームでは定番システムである「選択肢による分岐」に関してですが、作品が10本あればその内の9本は「あの場面でもう一つの選択肢にすればルートが分かれるのだろう」、のような具合に軽く先を見通せるものが大半を占めているのだが、虚ノ少女は残りの1本に該当する「入り組んでいる」作品であるだろう。

ネタバレは御法度であるから余り詳しく書けないのだが、最後に到達しなければならない地点へ辿り着くことができずに苦戦している最中でして、複数の考察シーンで正答を選ぶ必要があるのか、或いはもっと単純なことなのか、ちょっと判らない状態に陥っています。ネットで情報検索をすると見ないほうがいい所まで見てしまう恐れがあるから、自力で辿り着けるようにもう少し頑張ってみよう。

本作の場合は過去篇と現在篇という2つの土台があるのですが、他にもゲームではお馴染みのタイムトラベルものや次元交錯を題材にしたものなども好評だったりしますけれど、それら複数の舞台が少しずつ重なりあって解けていく様は魅力的でとても良いものだと思います。

  1. 2013/03/02(土) 15:07:37|
  2. [AVG18禁]虚ノ少女

虚ノ少女 - 取り敢えず一段落

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

作品の性質上何が一段落なのかも書けませんけども、非常に優れたAVGです。タイトルを聞くだけで郷愁にかられそうですが、私がこの手のコンピュータ上で動くミステリAVGで初めてプレイした作品は、18禁という括りですと「DE・JA II」が初になる。それ以降もPCやゲーム機を含めて結構な数のミステリAVGをプレイしてきましたが、総合的には今回の虚ノ少女が最も楽しめています。

古い作品と新しい作品で顕著な違いといえば、先ず思いつくのはボリューム感になるだろうか。自身の好みにそぐうもので良質であることが前提ですが、最近の作品は過去の作品と比較して長くプレイできるものが多いですから、その段階から満足できる度合いが違ってくるので、そういう意味では新しい作品の方が印象に残りやすいのだろう。

虚ノ少女は存外にユーモア溢れる作品でもあり、シリアスな物語とは対照的である可笑しなネタがとても洗練されている印象を受ける。特にたこ焼き屋の親父と「たこ焼き」は滑稽であるし、個人的に好きな台詞は露天風呂での「滑らしますんで受け取ってください」というアレである。

と言う訳で、まだ全て解明されていないのでこれから続きをプレイするのですが、これはもうパラノイアを購入して過去作4本ともプレイしてみたい。虚ノ少女を先にプレイしてしまうと過去作品群のネタバレを多く見てしまうのだけれど、例えそうだとしても充分楽しめそうであるし、Innocent Grey の作品は私の肌に合うようだ。

  1. 2013/02/25(月) 23:13:38|
  2. [AVG18禁]虚ノ少女

虚ノ少女 - 修正パッチが2種類

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

修正パッチが2種類リリースされているので、両方とも当てたほうが良いでしょう。そしてこの手のシナリオが要でネタバレは出来る限り避けたい作品の場合は、修正内容について目を通さない方が無難であるだろう。一昔ほど前になりますが、海外の某RPGの修正パッチの記述でとてつもないネタバレを見てしまった事があるのですが、それが国産のAVGであったなら致命傷になっていた。

本作は文字送りをして次の文章が表示される間の遅れが少し気になっていたのですが、昨日アップされた修正パッチを当てれば快適になりました。もう一つの修正パッチについては、修正内容を見ていないので何とも言えないが。

虚ノ少女をプレイしている訳ですが、18禁であり残酷な描写が売り物となっている反面、作風としては雰囲気が良くて味わい深く、CGは奇麗で展開としての強弱の付け方が巧いですし、数あるコンピュータAVGの中でも気品のある趣だろう。

●当たり障りのない程度に特徴を
・女性にも向いている作品と感じられます。
・妹好きな人にも向いています。
・可能ならば Innocent Grey 作品 4本がセットになったパラノイアを先にプレイすれば、より深く虚ノ少女を楽しめそうです。

  1. 2013/02/22(金) 03:16:14|
  2. [AVG18禁]虚ノ少女

虚ノ少女 - 雪を偲ぶAVG

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!
修正パッチがリリースされている

リアルの方が落ち着かなくて2週間ほど寝かせたままになっていましたが、虚ノ少女は情緒あふれる作品ですから、精神面をすっきりさせて、静謐な冬の夜に一人でじっくりとプレイしたかった。やっと手をつけ始めたところですけども、作品の性質的に内容については一切触れることが出来ませんが、あの声優さんはこの人で間違いないはずだ。

最近はずっとGEARS of DRAGOONで遊んでいて、弥勒の声優は誰某かと適当な当たりをつけていたんですが、過去篇に登場してくるこの人なのだろう。つい昨日までプレイしていたので、「くびかりごくもん!」などの叫びが聞こえてきそうだけど、直ぐに馴染むことでしょう。それにしても、覚えている限りではこの方の出演作はこれまで一度もプレイしたことがないのだが、続くときは連荘になるというパターンが結構多い。

初回限定版には「冬のない季節」というオリジナルドラマCDが同梱しており、その中の短編の一つで一際異彩を放つ「真夏のひととき」が特に面白かったんですが、本作は主人公の時坂玲人と妹の時坂紫の配役が私にとっては最高であるから、二人の掛け合いが非常に楽しみだ。

  1. 2013/02/20(水) 00:35:44|
  2. [AVG18禁]虚ノ少女

明日は虚ノ少女の発売日

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

虚ノ少女(からのしょうじょ)はバナー表記にあるように三部作の第二部なんですが、私は一作目どころかメーカーである Innocent Grey の作品自体、今回が初めてになります。18禁AVGは星の数ほどあれど、落ち着いた雰囲気のサイコミステリィとなると殆ど見当たらず、そういった意味では非常に希少な作品であるだろう。Innocent Grey の作品群を見渡してみると、FM-TOWNSユーザーには聞き覚えがあるはずのサイキック・ディテクティヴ・シリーズを彷彿して往時を懐かしんでしまう。

このシリーズは登場人物の大半が作中で殺されてしまうことが見所となっているようで、既に期間は終了しているが登場する44名の運命を予想する企画なども催されていたらしく、Innocent Grey 作品は初となる私ごときですが、少人数のみ予想してみよう。

・最後まで生き残る人物
必ず生き残る:時坂紫、八木沼了一 次点:蒼木冬史
もちろん事前にこれまでの Innocent Grey 作品の経緯をある程度調べていますが、初作品のカルタグラから生き延びている八木沼了一と蒼木冬史は今作も生き残る可能性が高いはずだ。特に八木沼は悪運の強い男として名高いようなので、仮に昇天するとしても第三部までは登場しそうだ。そして主役の妹である時坂紫であるが、三部作を通して生き残り、この物語を最後まで見届ける役目なのかと予想しているが、言ってみればリンちゃんと海のリハクポジとなる。余談になるが Game-Style の「エロゲセンターGX」で、八木沼了一役の声優さんが虚ノ少女の体験版をプレイする企画が動画配信されていたが、時坂玲人や夏目さんに対するコメントが非常に面白かったです。

・ほぼ間違いなく生き残りそうだが絶対ではない
ほぼ間違いなく生き残る:時坂玲人、夏目さん
この2名は第一部から続けて登場する物語の中心人物だが、これだけ残酷なシーンが売りの作風であるからまさかの第二部主役リタイアが無いとは言い切れないだろう。同様に監察医として重要なポジションである夏目さんも確実に生き残ると約束されているわけではない。この2名は声優さんの仕事ぶりがとても楽しみで、がならない氏は数多の男性声優の中でも屈指の色男声であるし、夏目役の一色ヒカルさんの関西弁は興味深い演技である。

・死亡してしまう人物
現在篇で:朽木千鶴、朽木文弥、沢木菜々子、白崎未散、真崎智之
過去篇で:砂月、雛神家と祠草家の多くの人物、他にも
登場人物が多すぎて予想のしようがないのですが、過去篇から現在篇に通しで登場する千鶴、文弥、沢木菜々子は死亡率が高いのではないだろうか。千鶴は前作にも登場しているようで、さらには重要人物の義理の母でもあるようだが、そろそろ潮時かとも思える。最も危険な香りを醸している砂月と未散が存外に生き残ったりしそうでもあるし、さらには今作のキーとなりそうな現在篇の茅原雪子も読みにくい人物だ。もう一人の主人公となる真崎であるが、彼が生存したまま第三部へ突入とは考え難い流れであることと、前日譚をプレイするからにどう見ても危なっかしい人物と目に映るから、物語の終盤で死亡するのではないだろうか。





本作は声優買いできる一面を擁しており、個人的には時坂兄妹の2名だけでも購買意欲が湧いてくる配役だ。砂月役もこれ以上はないと思える人選であるし、プレイするのが楽しみなんですが、その前にもう一度、前日譚となる体験版を再プレイしておこう。

  1. 2013/02/07(木) 19:06:42|
  2. [AVG18禁]虚ノ少女
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。